お客様への取り組み (品質管理)

品質管理活動

ニューフレアテクノロジーでは、「品質方針」に基づいて、安全で、安心してご使用いただける製品・システム・サービスをお客様に提供することを最大の使命と考え、お客様視点での品質向上を図っています。

品質方針

ニューフレアテクノロジーでは、「品質方針」に基づいて、安全で安心してご使用いただける製品・システム・サービスをお客様に提供することを最大の使命と考え、お客様視点での品質向上に努めています。潜在リスクへの感度と対処のスピードをあげて、製品事故の撲滅とお客様満足度No.1の実現をめざしています。

<< ニューフレアテクノロジーグループ行動基準へ >>

[品質方針]

  • 1) 常にお客様の視点から品質を確保します。
  • 2) 関連する法令と契約を遵守するとともに、お客様と第三者の権利を尊重します。
  • 3) 信頼性の高い製品、サービスを目指す品質マネジメントシステムを確立し維持します。
  • 4) 全部門、全員参加で品質の作り込みを行ないます。
  • 5) 真因を追究し、本質改善を目指すとともに、品質マネジメントシステムの継続的な改善を推進します。

品質推進体制

ニューフレアテクノロジーは、品質管理責任者を中心とする品質推進体制を設けています。品質管理責任者は、定期的に品質にかかわる会議を開催し、品質方針の徹底、品質にかかわる情報の共有などを図ります。また、品質管理責任者は、国内外のお取引先様も含め、製品の企画・開発・生産から廃棄・再資源化に至るライフサイクルのすべてのプロセスにおいて、品質向上を図るための指導・監視を行ないます。

品質推進体制

品質力の強化に向けた取組み

「品質力」の強化に向けて、ニューフレアテクノロジーでは4本の柱を核に活動しています。
ISO9001に基づくQMS(品質マネジメントシステム)を中心に、製品不良の主要因である設計・調達品の品質改善と、QMSを成熟させる人財の強化をその両輪として推進しています。活動全体を支える土台にコンプライアンスを据えています。

品質力の向上

品質に関わる人財の育成

ニューフレアテクノロジーでは、「品質向上に貢献できる人づくり」を推進するために、全部門で品質保証に関する教育を実施しています。各部門の役割や立場において必要な品質マネジメントへの意識向上や、信頼性技術・品質管理手法などのスキル向上をめざし、教育プログラムを企画・推進しています。「品質人財教育」では、製品のライフサイクルにかかわる部門を対象に、原因分析手法や未然防止手法をはじめとする品質教育を実施しています。

QMS(品質マネジメントシステム)の向上

ニューフレアテクノロジーでは、品質マネジメントシステムのベースとなるISO9001の認証取得を基本に、規格要求事項の適合性だけでなく、その有効性を高める取り組みとして、QMSの成熟度評価を実施し、課題の明確化や対策を計画して推進しています。

ISO9001認証登録証
ISO9001認証適合範囲

調達品の品質確保

お取引先様は重要なパートナーであり、調達品の品質はニューフレアテクノロジーの事業運営においてもますます重要になっています。調達品の品質を確保するため、重要なお取引先様とは、ニューフレアテクノロジーの品質保証の考え方・要望事項をまとめた「品質保証協定書」を締結するとともに、調達品の種類・重要度に応じて、調達、品質、技術の関係部門が連携し、適切な頻度で調達取引先の監査を実施して、調達品の品質確保を図っています。

品質に関する情報開示

ニューフレアテクノロジーでは、お客様の安全にかかわる品質問題が判明した場合、すべてのお客様に遅滞なく連絡するとともに、ホームページなど等を通じて情報を開示します。

使用部品の変更など、その他の品質情報については、関係法令(輸出貿易管理令など)やお客様と締結した契約などに基づき、お客様に通知しています。

ページの上部へ